不動産管理手数料が安い会社には訳がある?相場や値段以外に重視すべきポイントを解説!

雲背景
雲背景

ブログ

BLOG

2024.06.04

住まいのヒント

不動産管理手数料が安い会社には訳がある?相場や値段以外に重視すべきポイントを解説!

不動産管理会社の手数料が驚くほど低い場合、それには何か理由があるかもしれません。市場平均よりも格段に安い価格には、しばしば質の低下や提供サービスの制限が伴うことがあります。この記事では、手数料の相場を理解し、価格だけでなく、サービスの質、会社の信頼性、顧客満足度など、不動産管理会社を選ぶ上で重要なポイントを解説するので、管理会社をお探しの方は参考にしてください。

目次

管理手数料の相場は5%

不動産管理手数料とは、管理会社が不動産の所有者に代わって物件の運営を行う際に発生する費用です。管理手数料には、物件の定期的なメンテナンス、入居者との日常的なコミュニケーション、トラブル時の迅速な対応、契約更新や解約時の手続きなど、物件管理に必要な多岐にわたる業務が含まれます。

一般的な市場の相場は物件の月額収入の約5%。手数料がこの範囲内であれば、基本的な管理業務が適切に行われると期待できるでしょう。 ただ、不動産会社によっては、管理手数料を2〜3%に設定している場合もあります。ここで注意したいのは、価格が安いからといって必ずしも良い選択とは限らないこと。

不動産管理会社を選ぶ際には、手数料だけでなく、提供されるサービスの質や範囲、会社の信頼性など、総合的な観点から評価することが求められます。どのようなサービスが含まれ、どの程度のサポートが得られるのかを明確にすることが大切です。

集金代行のみの管理手数料の相場は3%

集金代行のみを管理会社に委託する場合、管理手数料の相場は約3%とされています。集金代行とは、管理会社がオーナーに代わって家賃を収集し、適切な記録を保持、必要に応じて滞納処理などを行う業務です。

物理的な管理業務や入居者のサポートは含まれないため、全体の管理手数料よりも低く設定されています。オーナーが自身で物件の管理業務を行いたい場合や、特定の業務だけを外部委託したい場合に適しています。

サブリース契約の管理手数料の相場は15〜20%

サブリースとは、賃貸借契約の一種で管理会社が賃貸物件を一括で借り上げ、入居者へ個別に転貸する契約形態です。オーナーは管理会社に賃貸経営を任せる形になり、契約期間中は空室や対応の有無にかかわらず、一定の賃料が得られます。

物件の所有者との賃貸借契約を集結し転貸する契約となり、貸主としての立場となるため、正確には”管理手数料”という表現は、少し異なるでしょう。管理会社は満室想定時の入居賃料から15%〜20%を減額した借り上げ賃料をオーナーに支払います。 ​​

管理手数料に含まれる主な業務

不動産管理手数料は、管理会社が不動産の所有者に代わって物件の維持、運営、トラブル解決などのさまざまな業務を行うための費用です。以下では、その主な業務内容を一つひとつ詳しく解説します。

管理会社を選ぶ際には、手数料だけを判断材料にするのではなく、これらのサービスがどの程度提供されるかをしっかりと確認し、料金とサービスのバランスを考慮することが重要です。

入居者を募集するための活動

不動産管理会社は物件の空室を最小限に抑えるため、積極的な入居者募集活動を行います。具体的には、物件の魅力を前面に出した広告の作成、不動産情報サイトへの掲載、オープンハウスの実施などが含まれるでしょう。

これらの活動には、ターゲットとなる入居者層を考慮したマーケティング戦略が必要であり、魅力的な広告文の作成や写真撮影も重要な要素です。さらに、管理会社は入居希望者への対応も迅速に行い、質問に答えたり、物件の詳細を説明したりします。 これら一連の活動を通じて、物件の空室期間を短縮し、安定した収益を保つことができるのです。

入居時の契約手続き

入居希望者との間で賃貸契約を締結する際、すべての条項を明確に説明し、合意形成を図ることも管理手数料に含まれる業務です。

このプロセスには、敷金、礼金、保証金の取り扱い、保証人の要件など、入居者の権利と責任に関する詳細な説明が含まれます。さらに、入居条件、使用可能な設備、ペットの可否などの細かなルール設定も重要な業務です。

家賃集金や滞納時の催促

家賃の集金は不動産管理の中核をなす業務です。管理会社は定期的に家賃の入金状況を確認し、滞納があれば適切な催促を行います。

滞納者に対する通知書の発送、電話での催促、必要に応じて法的措置の移行が含まれるでしょう。また、家賃の自動引き落としシステムの導入など、技術を活用して効率的な集金方法を提案することもあります。

物件の管理

管理手数料には、物件の日常的な維持管理も含まれます。具体的には、定期的な点検、必要な修理やメンテナンスの実施、緊急時の対応など、入居者が住みやすい環境を作ることが主な業務です。

良好な物件状態の維持は、入居者の満足度を高めるとともに、物件の価値を保つために大いに役立ちます。

入居者のトラブル対応

居住者からの苦情や問題に対して、管理会社は迅速かつ公平に対応し、可能な限り円滑な解決を目指します。トラブルが発生した場合、管理会社は仲介者としての役割を果たし、適切な解決策を提案してくれるでしょう。

退去時の立ち会いやクリーニングの手配

入居者の退去プロセスは、物件の次の賃貸に影響を与えるため、管理会社にとって重要な業務です。管理会社は、退去時に物件の状態を詳細に検査し、必要に応じて修繕やクリーニングを行います。

退去時の管理が確立されることで、物件の価値を維持し、新しい入居者がすぐに快適に住める環境を整えることが可能となるでしょう。また、敷金の返還などの手続きも管理手数料に含まれている業務です。

管理手数料の安さだけで不動産管理会社を選ぶべきではない理由

不動産管理会社を選ぶ際には、手数料の安さだけでなく、サービスの質や提供されるサポートの範囲など、総合的な観点から判断することが重要です。なぜ安さだけで選ぶべきではないのか、詳しく見ていきましょう。

1. 十分なサポートが得られない

管理手数料が極端に安い不動産管理会社では、満足したサービスが受けられない可能性があることを頭に入れておきましょう。前項で紹介したように管理手数料には、入居者の募集や入居手続き、物件の維持管理までさまざまな業務が含まれます。

しかし管理手数料が極端に安い場合、一部の業務のみしか対象となっておらず、オーナー側にかかる負担が大きくなるケースもあることが懸念点の一つです。

またサービスの質が低く、物件の清掃やトラブルに対する迅速な対応が行えない場合、入居者の不満が増大し、物件の評判が低下することがあります。質の低い顧客サービスは、居住者のクレームや問題が適切に処理されない原因となり、入居者の満足度を下げることにつながりかねません。 手数料にどこまでの業務が含まれているのかは、契約の前に必ず確認しましょう。

2. 入居者を集められない場合がある

管理手数料が低いと、会社が広告やマーケティングに十分な投資をしていない可能性があります。これにより、物件の魅力を市場に適切にアピールする機会が失われ、結果的に高い空室率につながる可能性も

特に、競争が激しい地域では、効果的な広告キャンペーンやターゲットに合ったプロモーション活動が不可欠です。入居者募集のための広告戦略が不足していると、物件は市場で見過ごされがちになります。

3. 入居者の早期退去の可能性が高まる

管理サービスの質が低いと、居住者の満足度が下がります。小さな問題が解決されずに大きな不満となり、それが退去を促す一因となることも。対応が遅れたり、適切な解決策が提供されなかったりすると、居住者は他の選択肢を探す可能性が高くなります

反対に良質なサービスを展開する管理会社は、居住者からの苦情や問題に迅速に対応し、居住者が安心して長期間住むことができる環境を提供してくれます。

4. 管理手数料を安くするよりも入居率を高めた方が効果的

不動産の投資リターンを最大化するためには、単にコストを削減するよりも、入居率を高く保つことが遥かに効果的です。質の高い管理サービスは、入居者が安心して長く住むことを促し、物件の収益性を高めます。

また、良好な居住環境は新しい入居者の引き付けにも役立ち、物件の評価価値を高めることができるでしょう。

不動産管理会社の選び方

ここまで不動産管理会社の管理手数料の相場や、安さだけで選ぶべきではない理由について解説をしてきました。では、不動産管理会社を選ぶ際には、どのような点を重視するべきでしょうか。

不動産管理会社を選ぶ際のポイントをご紹介します。

管理手数料に含まれる提供サービスを吟味する

管理会社を選ぶ際には、どのようなサービスが手数料に含まれているのかを詳しく確認することが大切です。一般的に、日常的な維持管理、故障時の修理対応、家賃の集金、入居者とのコミュニケーションなどが含まれますが、会社によって提供するサービスには差があります。

また、緊急時の対応やリーガルサポートなど、追加料金が必要なサービスがあるかもしれません。提供されるサービスの全範囲を理解し、管理会社のサービスが自分のニーズに合っているかを検討しましょう。

入居率が高い管理会社を選ぶ

管理会社の実績を判断する一つの重要な指標は入居率です。入居率が高い管理会社は、物件を魅力的に保つ方法を知っており、効果的なマーケティング戦略を持っていることが多いです

高い入居率は、管理会社が入居者を満足させ、定期的に物件のメンテナンスを行っている証拠でもあります。このような管理会社を選ぶことで、物件の収益性を最大限に保つことが可能です。

サポートとコミュニケーションの質を重視する

管理会社との良好なコミュニケーションは、物件管理において非常に重要です。問題が発生した際に迅速かつ効果的に対応できる会社を選ぶことが望ましいでしょう。

また、入居者からの苦情やリクエストに対する対応が迅速かつ適切かどうかも重要なポイント。サポートの質は、管理会社がどれだけ顧客志向であるかを反映しています。レビューや推薦、他の顧客の経験を参考にして、信頼できる高品質のカスタマーサポートを提供する管理会社を選びましょう。

沖縄の不動産管理は中部興産におまかせください!

沖縄で不動産管理会社をお探しの方は、ぜひ中部興産へお問合せください。

中部興産は、沖縄県内で最多の管理戸数15,000戸以上を持つ不動産会社です。1982年の創業以来、賃貸管理仲介業・不動産売買・マンション管理を中心に幅広い事業を展開してきました。 管理物件の入居率は98%を誇り、お客様の多様なニーズに対応するサポートを提供しています

賃貸管理の最適化、不動産管理の助言、物件の価値向上戦略など、管理不動産に関して以下のお悩みを抱えている方は、ぜひご相談ください。

  • ・管理会社のサポート体制を改善したい
  • ・現在の管理手数料に不満がある
  • ・遠方の管理会社から、近くにの管理会社に切り替えたい
  • ・物件の入居率を上げたい
  • ・空室保証のある不動産会社に任せたい

不動産管理会社をお探しの方はこちら

沖縄の不動産管理を「中部興産」に任せるメリット

ここからは、沖縄の不動産管理を「中部興産」に任せる具体的なメリットを8選ご紹介します。

  1. 沖縄県内9店舗の集客力で空室リスクを軽減
  2. 最新技術を駆使した入居促進サポート
  3. オーナー様へのアフターケア(セミナーや顧問弁護士による相談会)
  4. 365日24時間の管理体制
  5. 入居者とのトラブルに対応できる専用部署配置
  6. 万が一に備えた火災保険
  7. 家賃保証
  8. 2週間ごとの清掃 ・退去時の原状回復

1. 沖縄県内9店舗の集客力で空室リスクを軽減

中部興産では、全国ネットワークと沖縄県内9店舗の高い集客力で空室リスクを軽減いたします。店舗数9店舗は、沖縄県内で最多の数。その他にも、法人や学校との連携を通じて、転勤や人事異動、学生のお部屋探し徹底サポートなどで空室対策を提案可能です。

2. 最新技術を駆使した入居促進サポート

VR・3D内覧システムなど、最新のデジタル技術で入居者促進サポートを行います。さらにスマートロックキーをはじめとしたIOTで、入居者の便利で快適な暮らしの手助けも可能です。

前述した高い集客力と入居促進サポートにより、入居率は98%と高い水準を誇っています。

3. オーナー様へのアフターケア(セミナーや顧問弁護士による相談会)

賃貸契約が結ばれた後も、オーナー様へさまざまな特典をご用意しております。具体的には、セミナーや顧問の先生(弁護士・税理士・公認会計士・司法書士)による、無料の相談会などの充実した内容。 リフォームやトラブルに関しても、お気軽にご相談ください。

4. 365日24時間の管理体制

南日本警備会社と連携し、365日24時間の管理体制に取り組んでいるため、定休日や夜間の緊急トラブルにも対応が可能です。さらに、協力業者の修繕会社も当番で待機しており、設備の故障や修繕依頼にも迅速に対応いたします。

これらの24時間体制のサポートにより、入居者様の快適な生活を手助け可能です。

5. 入居者とのトラブルに対応できる専用部署配置

中部興産では「入居者同士のトラブル」「近隣住民からのクレーム」「設備の故障」などに素早く対応する、専用部署を設けています。長年の実績とトラブル対応のノウハウを駆使して、トラブルの早期解決に努めます。

6. 万が一に備えた火災保険・家賃保証

契約時入居者様に下記2つの保証と保険にご加入いただくことにより、家賃滞納や室内での火災等が発生した際のオーナー様のリスクを軽減します。

①家賃保証会社:家賃滞納時の立て替え保証や長期滞納者への訴訟費用等の保証。

②入居者専用火災保険:入居者様の過失による火災等にも対応してくれる保険。

7. 2週間ごとの清掃

月に2回、駐車場・階段・廊下・ゴミ置き場・手すり拭きなどの定期巡回清掃を行っています。オーナー様が自ら定期的に清掃を行う必要はありません。さらに掃き掃除で対応できない汚れに関しては、有償となりますが高圧洗浄機でのクリーニングが可能です。

8. 退去時の原状回復

入居者様が退去する際には、国土交通省が定める「原状回復トラブルガイドライン」に沿って、対処が必要です。中部興産では、年間2000件以上の退去清算の実績とノウハウを元に、退去時のサポートをいたします。

「中部興産」への不動産管理委託で得られる手厚いサポート

続いて中部興産へ不動産の管理委託をすることによって、得られる手厚いサポートについてご紹介します。

家賃設定

不動産経営を行うにあたり、一番重要な項目と言ってもいいのが家賃設定です。家賃設定次第で不動産経営は良くも悪くも大きく左右されるため、相場や物件の価値を見極め、適切な 家賃を設定することが大切です。

中部興産では下記資料をお作りし、家賃設定のサポートをいたします。

市場調査書

市場調査書とは、家賃設定を行うために欠かせない周辺環境や競合物件に関する情報をまとめたものです。近隣にはどのような需要や家賃設定の物件があるのか、入居状況はどうなのかを調べ上げ、家賃設定の根拠となる資料を準備いたします。

査定書

募集検討中の物件がどのくらいの家賃設定が可能かお調べして、査定資料を作成します。査定は、近隣の相場とこれまでの客付け実績をもとに行われます。

不動産に関する総合的なサポートが可能

不動産の管理委託以外にも、中部興産では不動産に関する総合的なサポートが可能です。物件の売買から資産運用のシミュレーション、相続対策まで、FP専門家グループがあらゆる角度から検討し、お客さまごとに的確なアドバイスをいたします。

経営、運営、資産管理、相続・贈与問題など、なんでもご相談ください。

建物の維持修繕などの相談

不動産の管理委託をしていく上で、物件の維持修繕が必要になった場合には、修繕工事による賃料増加を含めてのシュミュレーションを提案いたします。

さらに管理物件を一括借り上げでの、無借金修繕などの提案も可能ですので、気軽にご相談ください。

沖縄で不動産管理会社をお探しの方は「中部興産」まで!

今回は不動産管理手数料の相場や、安さだけで選ぶべきではない理由についてご紹介しました。沖縄で不動産管理会社をお探しの方は、ぜひ中部興産にお問合せください。

不動産管理会社をお探しの方はこちら