沖縄における不動産投資のメリット・デメリットは?おすすめの収益物件もご紹介

雲背景
雲背景

ブログ

BLOG

2023.12.01

住まいのヒント

沖縄における不動産投資のメリット・デメリットは?おすすめの収益物件もご紹介

沖縄での不動産投資を考えている方必見。本記事では、沖縄における不動産投資のメリット・デメリットを詳細に解析し、初心者から経験豊富な投資家までに幅広く役立つ情報を提供します。沖縄での不動産投資を始める際に意識したいポイントやおすすめの収益物件についても掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。 

おすすめの収益物件を見る

沖縄でできる不動産投資の種類

沖縄での不動産投資には、アパートやマンション経営から、特有の観光資源を生かしたリゾート投資、さらには軍用地へ特化した投資など、多岐にわたる選択肢が存在します。沖縄の不動産市場で可能な投資のタイプとそれぞれの特徴について知っておきましょう。

マンション・アパート経営

マンションやアパート経営は、沖縄での不動産投資の中でも一般的な形態です。投資家は購入した物件を賃貸することで収益を得ます。

マンションやアパート一棟への投資を行う「一棟投資」から部屋単位で投資する「区分マンション・アパート投資」、さらには「不動産投資信託」など、多くの選択肢があるため投資金額の幅が広いことがポイント。物件の母数も多いため、さまざまな物件の中から吟味した上で投資先を決められるメリットもあります。

しかし、建物のメンテナンスや管理に継続的なコストがかかることも覚えておきましょう。特に沖縄の気候は台風やシロアリのリスクが高いため、これらに対する特別な注意も必要です。

軍用地投資

軍用地投資は、米軍基地関連の施設や自衛隊の使用する土地を購入し、借地料を得る投資方法です。

沖縄での軍用地投資は、政治的変動や国際関係の影響から「返還リスク」などの予測不能なリスクが伴います。基地周辺の土地は特別な規制があるため、投資前にこれらの点を十分に検討する必要があるでしょう。

民泊経営

沖縄は日本を代表する観光地であり、特に外国人観光客に人気が高い地域です。民泊(短期賃貸住宅)経営では、観光客が短期間滞在するための住居を提供し、それにより収益を得ます。立地やアクセス、設備、内装デザインなどが成功の鍵となり、魅力的な宿泊施設を運営することで、大きな潜在的収益を持つ投資方法といえるでしょう。

ただし、観光シーズン中は高い稼働率と収益を見込むことができますが、観光市場の季節性による収益の変動も大きい点には注意が必要です。また、民泊経営には法規制が厳しく、適切な許可取得や規則の遵守が絶対条件となります。

沖縄で不動産投資をするメリット

沖縄の不動産投資は他の地域と比べて特有のメリットが多くの投資家を魅了しています。以下で、その主要なメリットについて詳しく探っていきましょう。

不動産投資の選択肢が豊富にある

冒頭で触れたように、沖縄は独特の文化と自然環境のおかげで、多彩な不動産投資の選択肢があります。マンション・アパート経営の他に民泊経営、軍用地投資など、不動産経営の選択肢が多いのが特徴です。

都市部に目を向けると、マンションやアパート経営が主流となり、安定した賃貸需要を期待できるでしょう。沖縄の軍用地を購入し、借地料を得る投資方法も注目されています。観光地としての沖縄の魅力は、民泊経営やリゾート投資にも注目が集まる要因です。

これらのオプションにより、投資家は自身のリスク許容度や目標に応じた多様な戦略を立案できるようになります。

観光需要の恩恵を受けられる

沖縄は国内外からの観光客に人気の高い地域であり、観光需要は不動産市場にも好影響を与えています。特に民泊経営やリゾート関連の投資では、観光客の需要に直接応えることができるでしょう。

ホテルや民泊施設、リゾート型の物件などは、観光シーズンには高い稼働率を見込むことができ、これにより高収益を期待することが可能です。また、観光業の発展は周辺地域の経済を刺激し、不動産の価値向上にも寄与するため、長期的な資産価値の増加も期待できます。

空室率が低い

沖縄は他地域と比べて目立って低い空室率を持つことで知られています。

全国賃貸住宅経営者協会連合会が行った調査(※)によれば、全国平均の空室率は約21.4%に対して、沖縄はわずか13.11%にとどまっていることが明らかになりました。この数値は全国的に見ても非常に低く、沖縄の賃貸市場の強さを示唆しています。

アパート経営の場合、長引く空室は大きな問題ですが、沖縄のように空室率が低い地域では、そのリスクが軽減されることから、投資家にとって有利な条件となることは間違いありません。

※「平成30年住宅・土地統計調査」を元に全国賃貸住宅経営者協会連合会が調査

賃貸需要が高い

沖縄は日本の中でも特に持ち家率が低い地域として知られています。平成30年の住宅・土地統計調査(※)によれば、全国平均の持ち家率が61.2%であるのに対して、沖縄では44.1%。

通常、持ち家率が低く賃貸住宅の比率が高い地域では、賃貸市場の需要が増加する傾向にあります。このため、不動産投資を検討する方にとって、沖縄は魅力的な市場と言えるでしょう。

※平成30年住宅・土地統計調査

沖縄で不動産投資をするデメリット

不動産投資を行う際には、その地域の特性をよく理解し、潜在的なリスクを見極めることが重要です。沖縄で不動産投資を考える場合、特有のデメリットも考慮する必要があります。

利回りがあまり高くない

沖縄は全国的に県民所得が低い割に、物価が高めに設定されている地域です。一方で台風などの自然災害への対策から建築単価が高く、物件の購入費用も高くなります。

高い利回りの不動産投資を実施したいと考えている投資家の方にとっては、沖縄での不動産投資はあまり向いていないといえるでしょう。ただし利回りだけがアパート投資を決断する判断材料とはならないため、前述したメリットを含め検討することが大切です。

台風・シロアリなど自然災害の影響を大きく受ける

沖縄では、頻繁に台風が接近するほか、湿度が高い気候がシロアリの被害を招くことがあります。このため、沖縄の不動産では自然災害に耐えうる鉄筋コンクリート構造を採用するのが好ましいです。

しかし鉄筋コンクリート構造は木造や鉄骨構造の建物と比較して建築コストが高いため、投資の初期段階での出費が大きくなる可能性があります。さらに、鉄筋コンクリート造りの建物であっても、台風や塩害の影響を完全に避けることはできず、定期的なメンテナンスが不可欠です。

駐車場設置の費用がかかる

沖縄では、生活において自動車が非常に重要な役割を果たしています。そのため、アパートやマンションを経営する際、入居者に駐車場を提供することが重要です。特に、市街地では土地が限られており、駐車場スペースを確保するために追加の土地を購入するか、既存の建物を取り壊して新たに駐車場を設置する必要が出てくることもあるでしょう。

沖縄で不動産投資を行う際には、駐車場の設置と管理に関わる費用を事前にしっかりと見積もり、投資計画に組み込むことが重要です。これにより、予期せぬ経済的負担を避け、より安定した不動産経営を目指すことができます。

沖縄で不動産投資の物件探しの際に意識すべきポイント

沖縄での不動産投資を始める際、物件探しは非常に重要なステップです。成功への鍵は、物件選びにおけるいくつかの重要なポイントを理解し、意識することにあります。具体的には、物件が位置するエリア、物件の種類、築年数や物件の構造に注目することが重要です。

エリア

沖縄での不動産投資において、物件が位置するエリアの選定は非常に重要です。エリアによって、物件の価値、賃貸の需要、将来の発展性が大きく異なります。

例えば、那覇市のような都市部では、ビジネスや観光の需要により賃貸マンションやアパートの需要が高いですが、観光地域やリゾートエリアでは、民泊やリゾート関連の物件が人気です。また、米軍基地の近くでは、基地関連の従業員やその家族向けの物件が需要を集めることがあります。

投資物件の種類や入居者のターゲットを定め、需要の高い物件を選ぶことが不動産投資を成功へと近づける大きな要因となるでしょう。

物件の種類

投資目的に応じて、物件の種類を選ぶことも大切です。住宅用物件(マンション、アパート)は一般的な選択肢で、安定した収益を見込むことができます。一方、商業用不動産や観光関連の物件は、より高い収益を期待できる場合がありますが、市場の変動によるリスクも大きいです。

物件の種類によって、管理の必要性や運営の難易度も異なるため、これらの点を考慮して選びましょう。

築年数や物件の構造

築年数や物件の構造は、投資のリスクとリターンを評価する上で重要な要素です。新築または築年数が浅い物件は、メンテナンスコストが低く、入居者にも人気があります。しかし、これらの物件は初期投資が高くなる傾向があります。

一方で、築年数が経過した物件は初期コストが低い反面、メンテナンスの必要性が高まります。沖縄では特に、台風などの自然災害への耐性を持つ構造が重要となるため、物件の構造や耐久性にも注目して選ぶ必要があります

沖縄県で不動産投資するときに意識したいポイント

沖縄県での不動産投資は、他の地域と異なる特有の市場環境と自然条件を考慮に入れたアプローチが求められます。この美しい島での不動産投資を成功に導くために、重要なポイントを詳しく解説します。

不動産投資の知識を学ぶ

不動産投資には、市場動向の理解、法律や税務の知識、財務計画の立て方など、多岐にわたる知識が必要です。沖縄県の不動産市場の特性を学ぶとともに、不動産投資全般に関する基礎知識を身につけましょう。特に、沖縄特有の土地利用規制や開発計画に関する規定は、他の地域と異なる場合が多いので、これらに精通しておくことが重要です。沖縄の不動産会社やセミナーなどを活用し、専門家のアドバイスも求めてください。

また、沖縄県の不動産市場は、観光業の発展や米軍基地の存在など、独特な要素に大きく影響を受けます。これらの要因が物件の価値や賃貸需要にどのように影響するのかを深く理解することが、投資成功の第一歩となるでしょう。

入居者のターゲットを設定する

沖縄県には観光客、地元住民、米軍関係者といった多様な層が存在します。物件選びに先立って、どのターゲット層に注目するかを決めることが重要です。例えば、観光客をターゲットにする場合、物件は観光地に近くアクセスの良い場所を選ぶことが効果的となるでしょう。
一方、地元住民をターゲットにする場合は、生活利便性や地域コミュニティとの連携が求められるかもしれません。ターゲット層に合わせた物件選びとサービス提供が、不動産投資の成功には不可欠です

利回りの高さだけで物件を決めない

高い利回りの物件は一見魅力的に見えますが、利回りだけが全てではありません。物件の立地条件、建物の状態、将来性も重要な判断材料です。沖縄の場合、自然災害のリスクや地域特性が物件選びの大きな要因となることが多いので、これらもしっかり考慮に入れる必要があるでしょう。例えば、台風に強い建築構造や、地域の開発計画に沿った立地選びが、長期的な投資の安定性を高めることにつながります。

利益化の長期的な視点をもつ

不動産投資は、短期間での高収益を追求するよりも、長期的な安定収益を目指すものです。市場の動向を注視しながら、物件のメンテナンスや賃料の適切な設定を心がけましょう。

また、将来の市場変動や需要の変化にも柔軟に対応できるような計画を立てることも重要です。これには、定期的な物件の改修やリノベーション、市場動向に応じた賃貸条件の調整などが含まれます。

台風・シロアリ対策を徹底する

沖縄は台風の多い地域であり、シロアリの被害も頻発します。したがって、物件の耐久性を高めるための台風対策(例えば、強化ガラスの設置やシャッターの取り付け)とシロアリ防除の計画が不可欠です。投資物件の長期的な価値を維持し、入居者の安心感を高めることを心がけましょう。

駐車場の有無を確認する

沖縄では車が生活に欠かせないため、特にファミリー層をターゲットにする場合、駐車場の有無は非常に重要な要素です。物件選びの際には、十分な駐車スペースを確保できるかどうかを確認し、その維持管理にも注意を払う必要があります。駐車場が十分でない場合、近隣の月極駐車場を紹介するなどの工夫が必要です。

沖縄で不動産投資するときのおすすめエリア

沖縄での不動産投資を検討する際には、エリア選びが非常に重要です。各エリアの特性を理解し、投資目的に適した場所を選ぶことが成功への鍵となります。沖縄での不動産投資におすすめのエリアとして4つのエリアを見ていきましょう。

那覇市

那覇市は沖縄県の政治、経済の中心であり、観光やビジネスの拠点としても重要な位置を占めています。そのため、アパートやマンションへの投資には最適です。市内には多くの商業施設やオフィス、観光地が集中しており、賃貸需要が一年を通して安定しています。これにより、安定した収益を期待することが可能です。

浦添市

浦添市は、那覇市に隣接する住宅地としての発展が著しいエリア。市街地に近い便利さと、住宅地としての落ち着いた環境が魅力です。アパートやマンションへの投資は、特にファミリーやビジネスの拠点として働く人々に向けて需要が見込めます。生活利便性の高さが魅力を高めているエリアといえるでしょう。

嘉手納町・北谷町

嘉手納町・北谷町は、広大な面積を誇る極東最大のアメリカ空軍基地「嘉手納飛行場」があるエリアです。こちらは軍用地投資に人気の土地で、多くの投資家が狙っているエリアでもあります。沖縄での軍用地投資を考えている方にとっては、候補に入れておきたい地域だといえるでしょう。

さらに米軍基地周辺のエリアは、軍関係者の住宅需要が特徴的です。沖縄での外国人向け不動産投資(米賃)を狙い不動産経営を行うのも効果的な手法となります。

恩納村

恩納村は、美しいビーチと豊かな自然環境で知られる沖縄有数のリゾートエリアです。この地域は、民泊やリゾート施設への投資におすすめ。観光客が求めるリラックスできる休暇を提供する物件は、特に観光シーズンに高い収益を期待できるでしょう。ただし、観光需要の季節性による収益の変動は考慮する必要があります。

沖縄で不動産投資を始めるなら中部興産をご活用ください!

沖縄で不動産投資をお考えの方は、ぜひ中部興産へお問合せください。

中部興産は、沖縄県内で最多の管理戸数15,000戸以上を持つ不動産会社です。1982年の創業以来、賃貸管理仲介業・不動産売買・マンション管理を中心に幅広い事業を展開してきました。

管理物件の入居率は98%を誇り、オーナー様の空室リスクを軽減するサポートが可能です。「不動産投資を行うための知識が不安」「不動産投資の資金繰りが心配」などの相談にもお答えいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

中部興産が選ばれる理由

・管理戸数15,000戸以上(沖縄県内最多)
・店舗数9店舗(沖縄県内最多店舗)
・創業40年以上
・賃貸年間契約件数2,000件以上(沖縄県内最多)

おすすめの収益物件はこちら

中部興産トップページはこちら